ニュースまとめ太郎

ジャンルを問わず、旬なニュースをお届けします。
芸能に関するニュースが多いかも⁈
普段は興味のないジャンルでも、まとめブログを通して目に留まることで新しい発見があればと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

    カテゴリ: エンタメ


    シンウルトラマン制作決定!


    ウルトラシリーズ > シンウルトラマンシンウルトラマン』は、2021年公開予定の日本の映画作品。監督は樋口真嗣、企画・脚本は庵野秀明。 1966年に放送された特撮テレビドラマウルトラシリーズ」の『ウルトラマン』の映画作品。脚本検討稿は2019年2月5日に脱稿。庵野秀明は『シン
    3キロバイト (172 語) - 2019年8月1日 (木) 07:09



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    キャストがいい感じですね!

    【シンウルトラマン制作決定!】の続きを読む


    YouTubeの「悪口禁止」が徹底され“物申す系”に打撃 収益化のため“ヒカキン褒め殺し”で対抗するYouTuberも | ニコニコニュース



    (出典 www.techadvisor.co.uk)




    YouTubeの「悪口禁止」が徹底され“物申す系”に打撃

    YouTubeの広告掲載規制が強化されつつある。“悪口禁止”が明確になり、過激な口調で世間に意見する“物申す系YouTuber”が試行錯誤をする事態となっている。

    6月に改定された規約では、ポリシー自体に変更はないが、物申す系が該当する「炎上目的・侮辱的」な動画について、広告表示なしや制限となる詳細な例が追加された。「個人を名指しで罵る、中傷するコンテンツ」「個人に対する悪意のある攻撃、中傷、名誉毀損」が該当する。

    YouTubeチーフプロダクトオフィサーNeal Mohan氏は今後、ガイドラインに違反していなくても規制する可能性もあると示唆している。“物申す系YouTuber”が今までのような暴言とも取れる意見を述べることは難しくなりそうだ。すでに、“物申す系”の動画を再生しても広告がついていないものが目立つようになってきており、収益にも影響が出てきていると見られる。

    物申す系動画に広告を付けられるか「審査が入るようになった」

    ジャンルの先駆者として知られるシバターさん(チャンネル登録者数は104万人)はこれまで、主にYouTube界隈での不祥事について言及する動画を投稿していた。

    しかしシバターさんは7月25日投稿の動画で、ガイドライン変更後、動画に広告が貼られない期間があったと明かした。シバターさんは7月以降も、レペゼン地球、ジャニー喜多川氏、幸福の科学をネタにした動画を出していたが、確かに広告が貼られていない。

    その上で、「今後一切悪口は言いません」と宣言。これまではボロクソに批判していたヒカキンさんを「動画が面白い」、はじめしゃちょーを「あのクリーンさが好き」など褒め殺しにした。この動画はYouTube的には問題なかったようで現在広告がついている。

    また、レペゼン地球のメットライフドームでの公演中止については、シバターさんは27日、「大好きなレペゼン地球のドーム公演が中止になって本当にかなしい」と題した動画を投稿した。

    ほかにも現在公開中の新海誠監督最新作『天気の子』を観た感想動画など、今までとは違う切り口で動画制作をしているが、28日公開の動画で、動画に広告を付けられるか「審査が入るようになった」と明かした。

    「多分数年後には彼は料理動画しか出せなくなるだろう」

    27日の動画「大好きなレペゼン地球~」を公開して1~2分は広告収入が可能である緑のマークが付いたが、以降、広告が制限される黄色のマークが付き、その後審査中となった。審査は通常半日~1日で終わるというが、

    「昨日夜中3時くらいに動画をアップして、黄色になりまして、審査をしました。朝方には緑色になってました。それから今黄色なんだけど、黄色、緑、黄色、緑……を1日で僕が確認する限り5回くらい黄色と緑がパタパタ入れ替わってます」

    という状態だという。この現象について、「YouTubeさんが(該当動画が)悪口かどうか迷ってるんですよ。これは悪口なのか皮肉なのか」と推測する。シバターさんは該当動画を「悪口ではなく本心」「本当に悲しい」と酒をあおるが、その表情は笑っているようにも見える。

    視聴者からは「多分数年後には彼は料理動画しか出せなくなるだろう」といったコメントや、シバターさんの動画で毎回流れるテーマソングの歌詞「悪口が止まらない」に突っ込む声が相次いでいた。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【物申す系YouTuberに大打撃】の続きを読む


    「学校に行きたくない子は行かなくていい」「人生は冒険だ」などのメッセージを発し、賛否両論を巻き起こしている自称「少年革命家」の不登校ユーチューバー・ゆたぼん君。

    そんな彼が7日に新作動画をアップ。実の姉である「あっちゃん」さんが登場し、アンチへの思いを語るとともに、ゆたぼん君の頭脳に太鼓判を押した。

     

    ■「親に捨てられた」デマに言及

    この日、動画に出演したあっちゃんさんは、ネット上で噂されている、「親に捨てられた」という自身に関するデマに言及し、「実際は自由に生きているだけ」とコメント

    およそ1年前に大阪府から沖縄県に移住したゆたぼんファミリーだが、彼女はついて来ず、愛知県の佐久島で住み込みで働いたり、ヒッチハイクで旅をして色んな人に合ったり、またそこで人に会うなどして過ごしていたという。ゆたぼん君も認めるほどの「自由人」のようだ。

     

    ■ゆたぼん君の賢さに太鼓判

    その後、話題はゆたぼん君のことへ。アンチによる心ない言葉をスルーしていると語ったゆたぼん君に対し、「ほんまにゆたぼんは賢いと思う」「賢いと思うじゃない、賢いねん」とコメントすると、あっちゃんさんは堰を切ったように熱弁を始める。

    「うちは高校途中で辞めたけど」と前置きしたうえで、「高校でならう勉強を、ゆたぼんは習得(動画内では取得と発言)しとるんよ」と明かした。

    残念ながらその後、高校でならうどんな内容を、ゆたぼん君が習得してるのかについては語られなかったが、肉親の彼女にしかわからないものがあるようだ。

     

    ■約4%がユーチューバーとして活動経験

    しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の3.9%が「ユーチューバーとして活動したことがある」と回答。男女年代別に見ると、10・20代男女は他の世代より比較的多く活動していた。

    男女年代別

    10歳の若さでユーチューバーとして活動しているゆたぼん君も、ここに該当する存在だと言える。

    そのスタイルから、アンチも多いゆたぼん君。彼が本当に賢いのであれば、その人生で証明していくことだろう。

    ・合わせて読みたい→ゆたぼんくん、努力が実を結んだ瞬間 「学校にイヤイヤ行ってても…」

    (文/しらべぇ編集部・倉本薫子

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

    不登校ユーチューバーゆたぼん君、実姉が賢さに太鼓判 その内容は…


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    高校でならう勉強を、ゆたぼんは習得(動画内では取得と発言)しとるんよ>いや、証明書がないと幾らでも言えるやん?ゆたぼんは、東大教授レベルの知能があるとか言えるやん?


    学校も塾もネットの情報も各種端末機器も。全部道具でしかなく本人がどういう勉強の仕方をして知識を得るかだもんな。ただ高校レベルの一般知識を取得ってことは、外部機器に頼ったカンニングを一切せずに相当の知識を有するということなんですが、それは本当なのかどうか。まぁ、十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人、にならんといいですな。


    飽きられた時のことなんてかけらも考えてないんだろうな


    それで具体的にどう賢いんだ?


    小学4・5年ぐらいでしょ凄いね、知らない漢字をググれるだけはありますね。


    世の中には、本当に親に見放された子どももいるであろう。本当に大事な事は小学生の内に学ぶことも多いと思う。小学生の内に培った運動神経も、大人になった時の軸になるであろうから、激励。


    身内の太鼓判ほどアテにならんモノも無かろうてw


    底辺高校基準なら九九ができれば高校エリート級かな?


    高校でならう勉強を、ゆたぼんは習得(動画内では取得と発言)しとるんよ←もう如何にも「ウソ」って単語に盛りに盛って千切って文章に書き直した感ありありな、もう・・・ねぇ?www


    本当に賢かったら不登校なんてしないし、YouTuberの活動を続けるにしても副収入程度にしか考えないだろ。


    九九ができるということは、掛け算が出来るという事。これは、割り算が出来る事に繋がるから、簡単な帳簿などつける計算であれば、算盤や電卓が無くても、自分で家計簿をつけることも出来る。


    沖縄ってのは九九さえ出来れば人生百年なんとかなるのか?


    まあ、賢い方ではあるかもね。ネット民の反感を利用して着実に視聴回数を伸ばすあたりは。こいつの(親の指示かもだけど)動画が気になっちゃって、思わず見ちゃう人たちの方がよほどしょうもないアホだね。批判したい存在を持ち上げてるんだから。


    仮に賢かったとしても、「子供の頃は神童 大人になったらただの人」なんて世界中にごまんと居るよ。


    自分の興味持った話をググってウィキとかまとめサイトとか見て自信満々に語ってるのを聞いて「この子は高校生が習うような話を知っている」って勘違いしとるだけやろ。


    はあ、そんじゃ「線分AB上を動く点Pが・・・」系の問題といてみてもらえます?


    なら大検(今は名前が変わってたと思うが)とか取れますよね。大学は高校までと違って自分で学ぶ場だから、賢いなら大学は行った方がいいと思うので大検取ることをお勧めします。


    YOUTUBERはよく知らないが配信中にコメントできるよな?その中で高校の問題出してこの子が解けたら認めてもいいんじゃないかな?まぁ、俺はこの子可哀想すぎて見たくもないけど。


    まだ性懲りもなく活動していたんだ・・・。しかもサクラと見做されても致し方ない身内擁護・・・。今は話題性があるからなんだかんだ注目されているけど、「人は熱しやすく冷めやすい」という。遅かれ早かれ終焉にたどり着くだろうね。老婆心からの警告だよ。「粋がっている暇があったら、学校行って教養含めて勉強しろ」。


    分数が判らないまま卒業するというレベルの高校なんぞ日本中に山ほど有るからの。どこを指して高校級なのか全くわからん。


    超高校級(思想)


    子供なりにちゃんと考えた上での行動なら賢いというのも頷けるのだけど、彼の場合ただ嫌なことに背を向け好きなことに傾倒しているようにしか見えないからなあ


    これ、誰かが止めないとやばいぞ?人とのコミュニケーションが完全に欠落してる。と第三者からの意見でした。


    真実はいかに...

    このページのトップヘ